「輸出コンテナの総重量確定制度」について

2016年6月吉日

お客様各位

三友企業株式会社

「輸出コンテナの総重量確定制度」について

拝啓 貴社益々ご清栄のこととお喜び申し上げます。
また平素は格別のお引き立てを受け賜わり厚く御礼を申し上げます。

さて、本年7月1日より発行される改正SOLAS条約(海上における人命の安全のための国際条約または、海上人命安全条約)に基づき、国土交通省が、「国際海上輸出コンテナの総重量の確定方法」を制定致しました。

これに伴い、お客様には下記の点にご留意いただき、ご協力賜りますよう、宜しくお願い申し上げます。

敬具

制度の概要
改訂SOLAS条約を受け、国土交通省は、

A.「荷送人(船会社のB/L上に荷送人として記載される者)は、定められた方法で確定したコンテナ総重量情報を船長(もしくは代理人)へ提供しなければならない」としています。(Master B/L上のShipper)

(1) 貨物の入ったコンテナの総重量を適切な計量器で計測する方法
(2) 適切な計量器で個々の貨物、梱包材、固定材等を計測し、それらと空のコンテナ重量を足し合わせることにより確定する方法

B.コンテナ重量情報の確定を行う者は、国土交通省への届出又は登録が必要です。

(1)荷送人自らがコンテナ重量確定を行う場合には、国土交通省への届出が必要。
(2)荷送人から委託を受けて事業者としてコンテナ重量確定を行う場合には、国土交通省へ登録している登録確定事業者であることが必要。

*詳細は国土交通省のホームページをご参照ください。
http://www.mlit.go.jp/maritime/maritime_tk8_000011.html

お客様におかれましては、上記内容をご理解いただいた上、適正に計測された重量が記載された船積書類・PACKING LISTの提供をお願い致します。
現在コンテナ総重量の伝達については、「コンテナ搬入票に記載」となっております。署名欄のサインナーは代理でも可能です。 弊社と致しましては、ご依頼を受けた際に重量確定業務に対応できる様「届出荷送人」 「登録確定事業者」に届出、登録済です。

ご不明な点がございましたらご連絡をお願い致します。

「輸出コンテナの総重量確定制度」について

「届出荷送人として」
A. 弊社B/Lを使用して、弊社倉庫及び弊社指定倉庫で作業を行う場合。
適切に計測された重量が記載された船積書類・PACKING LISTを提供頂き、弊社にて重量を足し合わせて報告を行います。

B. 弊社B/Lを使用して、御社手配でVANNINGを行い船積手配を行う場合。

弊社にて重量確定を依頼される場合は、
適切な計測された重量が記載されたPACKING LIST
固定材の重量情報
コンテナの自重情報
上記 銑を足し合わせて重量が記載された署名済み「コンテナ搬入票のコピー」
上記4点を提出お願い致します。
コンテナ搬入票への証明は従来通りお願い致します。

C. 適切に計測された重量情報を入手できない場合は、弊社にて計測致しますが、料金が発生いたしますのでご相談ください。

「登録確定事業者として」
弊社に登録確定事業者としてご依頼を頂く場合は

A. 弊社の指定倉庫でバン詰の場合
適切に計測された重量が記載されたPACKING LISTの提供を頂き、弊社にて重量を足し合わせて確定致します。

B. 御社の自社工場等でバン詰をする場合
御社ご手配の上、重量確定をお願い致します。重量確定が出来ない場合は、

適切な計測された重量が記載されたPACKING LIST
固定材の重量情報
コンテナの自重情報
上記 銑を足し合わせて重量が記載された署名済み「コンテナ搬入票のコピー」
上記4点を提出お願い致します。
コンテナ搬入票への証明は従来通りお願い致します。

C. 適切に計測された重量情報を入手できない場合は、弊社にて計測致しますが、料金が発生いたしますのでご相談ください。

D. NVOCCへの貨物搬入する場合
NVOCC各社の規定にご対応ください。
今後、お客様に付きましては、総重量の計測や伝達に関する誓約書の提出を御願いする場合もございます。            

以上