ご挨拶

神戸港は人・物・情報の行き交う拠点港として、常に最新の施設を提供して参りました。特に、日本初のコンテナ・ターミナルを建設以来、物流のコンテナ化に対応した整備を進め、日本における中枢港湾の地位を確保しております。

そして、神戸空港の実現により、高度で多用な港湾機能と都市機能を兼ね備えた国際化時代に対応した港湾都市づくりが進んでいます。

当社ではこうした時代に即応して、摩耶埠頭・六甲アイランドに近代的な倉庫を建設し、又、ポートアイランドに出来た最新の国際流通センター内に営業基盤を持ち、港湾荷役の機械化、システム化に勤め、優秀な人材と優れた設備により、柔軟な機動力を発揮してサ−ビスの向上に邁進しております。